装丁と言っても芸術作品

c0027309_19383266.jpg


出版コードはお陰様で無事に難なく届きました。
作品はある。印刷会社も有る。装丁だが、問題無し。
旧京都美術大学不合格だが、画家としては受験の採点者が私の才能に嫉妬したか?才能を見抜けなかったから、画家を一時的に断念させられただけだった。
装丁も自分でしたくて仕方がないから、チャンス到来だ(^^)v
昔から、出る才能は叩かれる!という諺の通りだ。
絵も詩も小説も叩かれて、冷鍛造が充分だ。
神戸文学賞で喧嘩した(*☻-☻*)
大阪文学学校で喧嘩した(*☻-☻*)
永末恵子とも喧嘩した(*☻-☻*)
されど、我が人生に悔いはなし(*☻-☻*)

航跡舎(^^)vバンザーイ(((o(*゚▽゚*)o)))♡
永末恵子(^^)vバンザーイ(((o(*゚▽゚*)o)))♡


[PR]
# by glykeria | 2017-05-19 13:36

出版社の不思議

c0027309_15535403.jpg
俳句やら短歌、それに現代詩となると出版費は高く、さらに小説を自費出版すると、とんでもない金額を請求されて売れない小説家は自殺に追い込まれる。
従って売れない作家は投稿に明け暮れるしかない。
そこで思いついたのは、自分で出版社を立ち上げて、作品を発表する。そうするしかないと思うのも無理はないだろう。そこまで踏ん切りがついたら、装丁と印刷代を考えるだけだ。
同人誌をやっている人なら、一度はそう考えたことがあるはずだ。意外と簡単な事だと思う。
数万円で出版社が出来たら、あとは出版費は30%くらいですむ。それから、幾らでも思いきり書くのが良いと思いますが、如何でしょうか??

[PR]
# by glykeria | 2017-05-16 15:36

永末恵子 第一句集「発色」第二版 上梓

昨年、俳人の妻が亡くなったので彼女の句集の第二版を出すことにしました。まず 永末恵子 第一句集の「発色」です。
第二版のあとがきは次のようにしました。300部出版しますので、1冊2500円×300冊=75万円の売り上げが出版社の目標です。俳句にご興味のある方、もしくはこれから俳句を始めようとされる方はメールをください。
binkokutakagi@gmail.com

第二版 あとがき 

...

「発色」は橋閒石氏に出会い「白燕」の同人となって二年目に第一句集として上梓された。
この句集が謎めいて見えるのは句集の中心にある筈の「発色」の句は果たしてどれかというとまどいのためであろう。

   冬の橋川上を見て渡りけり
   寒明けのたましい流れてこぬか

この句に発色のありかを求めて川上へと向かう物語を感じるのは私が小説を書いているからかもしれない。しかし、私には次の句が確かに発色してみえる。

   明恵の泣いていそうな梅明かり

明恵(みょうえ)は無欲無私清廉にして世俗権力権勢を恐るるところなしとしばしば超人的な学僧と評された。永末恵子はそのような明恵の苦悩と修行に自分を重ね合わせて(めいけい)とあえてルビを置いたと私は直感で推理する。その後の句は発光に照らされてはにかみに満ちている。
 
   狼狽やなまぬるくなる蝶の髭
   葱の花左右の鐘にうながされ

永末恵子は平成二十八年二月十九日の朝、冬服を二度ほど着替えて「どう?」と聞いた。
「そっちのほうがいい」というと、一度脱いだ服をもう一度着てにっこりと笑った。
それが私の見た彼女の最後の笑顔だった

二〇一七年四月二九日
                      高木敏克


c0027309_06290986.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-05-05 06:10

永末恵子の句集【発色】が本日発売です。

c0027309_06260864.jpg


c0027309_06280156.jpg

c0027309_11074261.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-04-29 11:00

綽名で呼ばれた場所

詩人の大西隆志氏の詩集「綽名で呼ばれていた場所」が実家の本棚から出てきました。
いや、懐かしいです。

c0027309_18214301.jpg

c0027309_18214438.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-02-16 14:57

創文社

生田耕作さんや橋閒石さんの著作物の印刷所として有名な創文社に行って来ました。記念に貴重なものを戴きま
した。
c0027309_17242350.jpg


c0027309_17302487.jpg

永末恵子の句集【発色】の第2版が5月頃に出版される予定です。
【白燕】同人時代の貴重な句集で、現代詩から短歌へ、短歌から俳句への転換と飛躍について、橋閒石が綿密な序文を書いています。俳句序説とも言える句集であり俳句研究者必読の句集であると思われます。
出版社は航跡舎です。


[PR]
# by glykeria | 2017-02-13 17:18

シリア

c0027309_17535603.jpg

パルミュラ
c0027309_17574366.jpg

シリア・パルミュラ
c0027309_17535627.jpg

シリア・メンビシュ
c0027309_17535728.jpg

メンビシュ
c0027309_18335529.jpg


c0027309_18343234.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-02-11 17:48

イラン

c0027309_17301348.jpg

アビダビール


イラン・ササン朝ペルシャ
c0027309_17354195.jpg

イラン・アゼルバイジャン
c0027309_17483090.jpg

イラン・アルダビール



[PR]
# by glykeria | 2017-02-11 17:18

その後の高木敏克

c0027309_22210605.jpg

高木敏克
c0027309_22210766.jpg

c0027309_20241940.jpg

c0027309_14142050.jpg

c0027309_14142093.jpg

c0027309_14142010.jpg

c0027309_14142103.jpg

c0027309_14142157.jpg

c0027309_14142193.jpg



c0027309_22210769.jpg

高木敏克

c0027309_19593865.jpg




[PR]
# by glykeria | 2017-02-08 22:20

高木敏克の青春時代

c0027309_21480247.jpg

c0027309_21480382.jpg

c0027309_21480365.jpg

c0027309_12090372.jpg

c0027309_12090318.jpg

c0027309_12090311.jpg

c0027309_12090461.jpg
高木敏克
c0027309_12090403.jpg



c0027309_21480486.jpg


c0027309_21480498.jpg

c0027309_21480573.jpg

c0027309_19482280.jpg


c0027309_14373054.jpg

c0027309_14394566.jpg

c0027309_14394578.jpg

c0027309_14394665.jpg

c0027309_14394632.jpg





[PR]
# by glykeria | 2017-02-07 21:46

シリア ヨルダン イスラエル

c0027309_20201818.jpg

高木敏克
c0027309_20201822.jpg


c0027309_19552809.jpg


高木敏克
c0027309_20201985.jpg

c0027309_21061798.jpg

c0027309_21061880.jpg

c0027309_12104806.jpg



[PR]
# by glykeria | 2017-02-04 20:18

エルシャライム

高木敏克
c0027309_20164395.jpg

高木敏克
c0027309_20164374.jpg

c0027309_20164325.jpg


c0027309_07534963.jpg



c0027309_20554393.jpg


c0027309_07534983.jpg


c0027309_07542962.jpg




[PR]
# by glykeria | 2017-02-04 20:13

酒と薔薇の日々

c0027309_20011388.jpg

永末恵子
c0027309_20011334.jpg

高木敏克
c0027309_20220886.jpg

高木敏克
c0027309_12121420.jpg

高木敏克
c0027309_12121462.jpg

高木敏克
c0027309_12121407.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-02-04 20:00

【白い迷路から】古本 最終在庫処分

航跡舎の本棚に【白い迷路から】が5冊だけ残っておりますが、売却させて戴きます。
購入ご希望の方は下記にご連絡下さい。
〒653-0827
神戸市長田区上池田3丁目18-7
航跡舎 代表者 高木敏克 迄
1冊1200円
郵便振替 または 振込銀行をご案内させて戴きます。
仕事ではないので、かえってお手間を取らせる事になると思いますが、宜しくお願い致します。
電話での対応は出来ません。本業中につき申し訳有りません。


高木敏克
c0027309_14123900.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-02-01 13:47

神戸新聞文芸2016年間最優秀賞

2016年間最優秀賞は高木敏克の作品(( 神々の丘))に決定!
1月29日午後1時からハーバーランドの神戸新聞本社で授賞式がとりおこなわれました。

選者の楠見明彦さんの評価

最優秀賞に「神々の丘」(高木敏克)を推奨する。
エーゲ海の旅を想起する会話や、神戸の丘陵地帯での砂遊びの記憶が魅力的で、忘じ難い。
母を施設へ入居させるため神戸に戻った男。沸き出した砂遊びの思い出は鮮明で、なお五感にうったえる。
どことなく浮遊感のある会話は、実は亡き妻を偲んでいるのだと次第にわかってくる。
乾いた風と砂と光が、ゆくべき航路を標している。(神戸新聞2016年12月26日朝刊より転記)


c0027309_19571315.jpg

c0027309_19571433.jpg




[PR]
# by glykeria | 2017-01-12 12:38

小説 (白い迷路から)に登場するマリアーナは実在人物です。


高木敏克

大人になったマリアーナはその後みろす島に移った。
t
c0027309_21074568.jpg

高木敏克
c0027309_21074690.jpg

c0027309_21074776.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-01-07 21:05

小説(白い迷路から)に上陸するランチのキャプテンはいかにも海の男といった面構えでした。

ミコノス島へはピレウス港(アテネの港)からトルコ行きの定期便に乗り、途中でランチに乗り換えて上陸しました。
c0027309_21172108.jpg


c0027309_21053378.jpg
ミノス島からデロス島には帆船で1時間足らずのクルージングでした。
c0027309_21053455.jpg

c0027309_19573027.jpg

c0027309_19573008.jpg


c0027309_21053558.jpg
デロス島の風景です
c0027309_21053690.jpg

c0027309_21053631.jpg

c0027309_21053730.jpg

c0027309_21053871.jpg

c0027309_21053941.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-01-07 21:03

マリアーナの家族。ヤーニー・セノスとセノス夫人。

ミノス島のマリアーナとお母さん。
c0027309_21030972.jpg

c0027309_21031025.jpg

c0027309_21031105.jpg

c0027309_21031278.jpg

c0027309_21031325.jpg

c0027309_21031476.jpg

c0027309_21031578.jpg

c0027309_21031543.jpg

c0027309_21031639.jpg

c0027309_21031771.jpg


[PR]
# by glykeria | 2017-01-07 21:00

高木敏克

永末恵子 高木敏克


c0027309_20071344.jpg
永末恵子 高木敏克
c0027309_20073376.jpg
to
高木敏克

c0027309_20081543.jpg
c0027309_20084050.jpg
高木敏克
c0027309_20095360.jpg
c0027309_20102210.jpg
高木敏克
c0027309_20103811.jpg
永末恵子 高木敏克

c0027309_20110193.jpg
永末恵子 高木敏克

c0027309_20113596.jpg
永末恵子
c0027309_20115772.jpg

織田年和 高木敏克 永末恵子 
c0027309_20182052.jpg
永末恵子

c0027309_20182135.jpg

c0027309_21063891.jpg
高木敏克
c0027309_21063969.jpg
高木敏克
c0027309_20353485.jpg

c0027309_20353452.jpg

c0027309_20353522.jpg

c0027309_20353596.jpg

c0027309_20353584.jpg

c0027309_20353654.jpg


c0027309_21063934.jpg


c0027309_08070163.jpg
高木敏克

c0027309_08070167.jpg
高木敏克

c0027309_08070119.jpg

c0027309_08070235.jpg
高木敏克

c0027309_08070232.jpg
高木敏克
c0027309_08070329.jpg


c0027309_08070363.jpg


c0027309_16383852.jpg

高木敏克
c0027309_16383868.jpg


c0027309_16383887.jpg
同人誌時代の高木敏克


[PR]
# by glykeria | 2017-01-07 20:02


高木敏克のブログです。


by alpaca

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
海岸列車
壁男
海中火災
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月

お気に入りブログ

Richard Parker

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

創作小説・詩

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30